備忘録として。

コメントや星⭐︎、本当にありがとうございます。本当に励みになります。ぜひ、たまに覗きに来てやってください。泣いて喜びます○

ーーーーー


この前、前の大学でお世話になった先生とお茶してきました。

その大学の卒業式が終わったあとの打ち上げにも行かず、一年もしないうちに中退したクズ野郎とお茶を飲む先生は、たぶんソートー変人。

その先生とは、中退してから何度か会っていたのですが(辞めた大学の研究室にノコノコと入っていく私は、たぶんソートー変人)、今回は一味も二味も違う再会になりました。


何でかというと

めっちゃめっちゃめっちゃ叱られたんです😰

叱った、というか、

はっきり「このまま行くと、詩織ちゃんほんとにダメになるよ」って諭されちゃいました。

数ヶ月前の私であれば、グチャグチャのお豆腐になってけんちん汁の中に放り込まれるだけだっただろうから、しっかりと受け止められた私はやっぱり成長したと思う笑

何を言われたかというと、

「過去なんて退屈なもの背負ってないで、いちいち反省もしなくていいからさっさと新しいこと始めなさい❗️」

「私なんて私なんてって言って、結局詩織ちゃんはあなたと同じレベルの人間のことを軽蔑してるだけよ」

「悲しい悔しい辛い嫌な思い出や人間の間に、あなたを支えてくれていた人がどれだけいると思ってんの?あなたはいろいろな人に裏切られた代わりに、もっとたくさんの人たちを傷つけてきたのよ。私だって期待していた詩織ちゃんが突然辞めて悲しかった」

というような内容を2時間以上。



もう、正直泣きそうでした😣

でもね、ほんとーにほんとーにほんとーに、めちゃめちゃビビビビっときました。感電死しなくてよかったよかった😵⚡️


この言われたことについて、私なりに深く掘り下げていきました。

しょーじき、私も過去なんて棄てて軽やかな大学生活送ろう♪♪♪なんて希望を膨らませていました。らんらんらん⭐️⭐️

でも、今回先生と話して、よくわかりました。

私はまだ、過去を消化出来ていないんだって。

このblogには詳しく私のこれまでの20年間を語る気は無いのですが(十分すぎるくらい既に語っているなんて怒らないで🙈🙉🙊)、書こうと思えばへらへら笑い話みたいにカキカキできる自信がありました。まあたぶん、誰も読み切ることなんて出来ないくらい壮大な文字数になるだけでなく、何より、本当は人間なんてものは他人の過去や状況なんてどーーでもよいんですからね。そこにドラマチックなハッピーエンドやドラスティックなサクセスストーリーが盛り込まれていない限り、そんなものはタイクツなんですね。


話がズレた‥‥。

とにかく、私は過去に対して全て受け容れていたつもりなだけで、実は未だに燻っている「何か」があるんだなーと。

それと、私は学歴にしろ職種にしろ性格にしろ、何かしらにおいて個人や特定の団体にしか通用しないランク付けなるものを差別する人のことを差別していた自分にようやく気がつきました。また、私は自分に自信がない理由を「体育の評定が2だった」だの「ピアノもトランペットもギターも出来ない」だの「字が汚い、絵が描けない」だの「頭の回転が遅くて勉強全然出来ない」だの「月曜から金曜まで学校も行けない」だのと羅列してきたけれど、じゃあそれに当てはまる私以外の人間はどうなんだ、と。私は無意識的に、デキる人やスゴい人たちのことを絶対的に尊敬するあまりに、自分と同じような人や同じ部分を持つ人間のことを下に見ていたのだと思います。自分の中で理想の自分というものがあまりにも高すぎるんです。頭がキレて勉強家で、沢山の本を読みあさっていて、英語がペラペラで、姿勢がピッてしてて、決してチャラチャラしていなくて、下手にはしゃがないし焦らないで、カッコいい女性!みたいな。もうキリがない笑

だから、そうじゃない自分、そうじゃない他人というものをとにかく下に下に見て、ああクズだな、カスだな、ダメだな、って。


そういうことをしてきた結果、私は沢山の人達と意図的に縁を切りました。

こんな自分カスなんだから、きっとこの人は私のことが嫌いなんだ、だからこの人が私の前からいなくなる前に私が先にいなくなろう、さよーならー!!!さらばー地球ー🌎って。かたはらいたし。


そんな私みたいなキャラクターが2番目に恐れるSNS、LINEというアプリを、ついにこの前再インストール、ログインしました。ちなみに一番怖いSNSFacebookです。未だ手をつけることができません。

そうしたら、私の電話番号を知る社会人時代の上司から応援メッセージは来るわ来るわ。そしてたかだか1ヶ月半にも満たない初任者研修でお世話になった講師からもメールは届くし、果ては高校時代の校長先生からも、中学時代の恩師からも。


アンビリーバボーです。

私が勝手にどうせどうせと落ち込んだりして壁を作っていただけで、こんなにも私はみんなから愛されて、こんなにもみんなは私のことを応援してくれていたんだと思うと、嬉しいやら悲しいやら情けないやら、、、


この今の私のぐちゃぐちゃな涙涙のきもちを、2年後の私の笑顔で整理して、みんなに恩返ししていこうと思います。


なんか脈絡のないつまらない道徳の授業みたいなブログでごめんなさい。次に書くブログはもう少し面白くしたいな。