謎と普通

 
謎を解き明かすことに意味があることはもちろんあるが、敢えてその謎を伏せた状態で、今の自分が出来ることを探し、実践し、その技能を磨く、という生き方も、確かに、確かにあると私は信じている。謎は謎のままで良い場合だって、この世にひとつかふたつぐらいあったって良いと思うんだ。
 
話を聞いて欲しい時にじっくりと耳を傾けてくれる優しさは、とてもよく目に見えるし感じられる。
けれど、私はそれ以上に、言われたくないことを言わずにいてくれたり、聞かないままで話を進めさせてくれる優しさを持った人に対し、強く敏感でありたいと思う。そして、私も、そんな人間でありたい。
 
だから、私は、謎という言葉が好きだ。
 
 
政治家や芸能人の不倫についての報道を見て、興味関心ナイナイナイ、と言っている人がこんなにもたくさんいるのに、どうしてこんなにも炎上してしまうのか。こんなに文春砲だとかフライデーだとかが騒ぎ立てているのに、なぜそういうことをしてしまうのか。
 
私には、なんとなく、わかるよ。
だって、私たち、みーんな、自分のことだけは、<extraordinary normal> って思ってるんだよ。不思議だなあ。
 
最近、少しねじが外れてしまったかのように心身が壊れてしまう女性たちがいる。
君たちは、そんな女性たちを見て、批判や中傷をしつつ、実はそんなふうに思い切り精神的にも社会的にも破壊させられるほどのパワーを持つ彼女たちを、実はちょっぴり羨んでいる。
そんな君たちも、彼女たちも、傍観しているあなたも。どこまでも、いつまでも<exceptionally ordinary>だと、私は思うよ。
 
 
みーーーーーーーーーーんなすごーーーーーーーくふつーーーーーなんだよね。って話。