後期も頑張ろう宣言、的な。

 
ちょっとブログの仕様を変えてみました。

気づいたかしら、「人生は連鎖する、」っていうタイトルの右下にあった、「沢山遠回りしてきた戯れ日記」っていう文字が消えました。

今までの私の経歴は、特に遠回りでもなかったな、と思い直したから。でも、かと言って他に気の利くサブタイトルが思いつかなかったので、そのまま空白です。何か考えついたら付け足します。あと、サイドにあるプロフィールも変えたんだ〜。

 

 

 

風邪を引いているにも関わらず冷蔵庫のなかに6時間もいるなんて、ちょっと何考えてるかわからないですね、私。みなさん、9月に入って突然寒くなったけど、お元気にしていますか。

 

私はですね、なんと努力の実が結んだと言いますか、苦難の日々が報われたと言いますか、両親から少し援助を貰ったので全額というわけではないしこのご時世格別珍しいことでもないんですけどね、兎にも角にも目標金額を達成しまして、比較的余裕を持って、後期の学費を自分の手で工面することに成功致しました👏🏻👏🏼👏🏽👏🏾👏🏿

 

後期はね、休学しようかなって寸前まで行ったんです。

学校関係者らにはもうなんか、冷た〜い目で、休学どころか一度中途退学をしてもう一度再入学を検討したらどうか、まで言われていたほどですからね。ふざけんなよ中退の重み何にも知らないくせにって心のなかで毒づいてましたけど。

 

まあそれでもね、あと半年だからね。

どうせ卒業するんならさっさと早めにこんなとこ出ちゃおう、って感覚が、一番の今の私のモチベーションですね。まあ、まだ在籍しているので、あまり変なこと言えないけど、ね。うん。((((察して)

卒業を先延ばしすることに、意義はなさそうです。はい。

 

専門科目が超絶残っているんで月曜と木曜はハードになりそうだけど、上記の感覚的な理由から、必死に歯を食いしばってなんとか滑り込もうと思います。ちなみに卒業式は出席しない🦆🦆🦆。笑

 

 

 

🎋🎋🎋🎋🎋🎋🎋🎋🎋🎋

なんかね、ようやく、7月〜8月の謎の鬱々感を普通のテンションで省みることができるくらいまで回復したので、書いてみる。これを後期の間にぶり返したら絶対卒業出来ないんで、反省して次に活かす。これ大事。(と言っても、細切れにブログは書いてきたので、だいぶ中身は重複している。まあいい。)

 

 

きっかけというのは、一つや二つではないんだと、思う。

小さなことから大きなことまで、いろんなことが降り積もって、塗り重ねられて、ズドン、と落ちる。堕ちる。

小さなこと、というと、朝起きるのしんどい〜とか、バイトの上司鬱陶しい〜とか、講義でいつもの席が既に座られてる〜とか、先生がワケワカメ〜とか、そういうことぐらい。

大きなこと、というと、やっぱり、とある人の影響が大きいかな。

 

mercy07s.hatenadiary.jp

 

まあ、この記事に少し書いてるけど。というか、重複するかもだけど。

私は、きっと今までずーーーーーっと、父親的な存在を探し求めて生きてきたんだと思う。お父さん、って、率直に呼べる存在で、その人から有無を言わせずガツガツと叱ってもらいたかった。そっちの方向に行くな、って、グイって半ば強制的に手を引いてくれる人が欲しかった。でも、最終的に、絶対に私を見捨てない。愛してくれる。

でも、やっぱり、この「とある人」は、私の父親でもなければ、愛人でもない。ただの他人だった。今考えれば考えるほど、別れを告げて良かったな、と思うけど、この人からの影響は、別れを告げたときには感じなかったけれど、想像を超えて遥かに遥かに甚大だった。悪意や下心100%の人間ではなかったからこそ、彼が私に残した 傷はより私を深いものにした。

 

 

あともうひとつの大きな理由が、やっぱりPMSなのかな、と。土曜に病院へ行きます。だいぶ重度というか、日常生活に支障が出るどころか、私の10代ってもはやこれで左右されてきたものだ、と最近悟ったので、社会人になる前に本気でどげんかせんといかん。

 

 

 

具体的にどんな気持ちで毎日過ごしていたかというと、「死にたい」とは少し違うものだった。希死感情というか、近死感情?(なんじゃそりゃ)

ヴァージニア・ウルフの本や雨宮まみさんのブログ(同じはてなブログだけど、ここに掲載しません。ご自分で検索してね)を読んで、なんかすごくすごく自分がこの人たちに近い場所にいるな、と思った。22歳の今じゃないけど、私はいつか自殺するんだな、と。(まみさんは自殺という死因ではないとされています。不快に思われた方は大変申し訳なく思います。)

的確なことなが思いつかなくて自分の語彙力を呪いたい。

言いたいのは、「辛いことがあって自殺した」んじゃなくて、「辛いことも苦しいことも悲しいことも嫌なことも、全部全部全部全部乗り越えて、ある意味で超越して、自分のことも社会全体のことも、全部全部全部理解した上で、諦観した上で、達観した上で、死んだ」、そんな彼女たちの文章が、とてつもなく、いつの日か到達する私の姿な気がした。

誤解しないでほしい。これは、彼女たちを聖人と崇めているわけでも、私自身がそんな凄い人間なんだぞって誇らしく思っているわけでも決して無い。ましてや、辛いことがあって自殺した人たちを責めるつもりもない。死んだひとはいつだって無言だ。

 

私は、いつか、自殺する。

 

この感情が、強力接着剤のようにべったりと背中に貼り付いて、拭えなかった。

だからこそ、派遣バイトは良かった。私が私でなくてもゆるされる時間だったから。

 

 

もう私は、次こそ頑張る、だとか、もう大丈夫、みたいな小学校の一学期の反省、二学期の目標、みたいな精神論だけで何にもならないことを知っている。でも、同時にまだ私は、うわべだけで取り繕ったり、要領よく世を渡れるほど器用な大人にもなれない。

だから今でもどうしたら良いかわからずにあっちこっち迷子になっているのだけど、なんていうか、うん。もっと、自分と仲良くなりたいな。

 

私は私を髪の毛一本一本から足の小指の爪の間まで、全部全部好きじゃなくて、骨の髄まで自分を許してあげることができずにいる。新しい恋愛だとか友達だとかいう以前に、私は私をもっと好きになる必要があるんだろう。

 

 

 

 

朝、7時前に起きられるようになりたい。

毎朝、自分で作ったスープか味噌汁を食べたい。

毎晩、ちゃんとスキンケアして、机の周り整頓して、好きな本を読みたい。

洗濯物も溜めず、掃除も怠らず、ちゃんと毎日授業に出て、PCかタブレットで卒論進めて、英語の勉強もして、あそこに就職決まって、当然固定バイトも継続し、それなりに人と距離を保ちつつも全くのネクラさん扱いもされない。

(雨ニモマケズ風ニモマケズ精神)

 

 

 

それができたら私、私のこと好きになれる気がする。