人生は連鎖する、

沢山遠回りしてきた戯れ日記

自分を信頼するためのトレーニング中。

 

目を背けたくて堪らない現実。嘆いても喚いても変わらない現実。

その内容であったり、その瞬間に抱いた感情であったり、景色であったり。

そういうものを、言語化するって、物凄いエネルギーが必要だ。感情に名付けをすることって、かなり危険で暴力的だ。今を「悲劇的だ」と表現したその瞬間に、今の私は「悲劇的な」人間へと変貌する。本当のことなんて、誰にもわからない。

目を閉じても耳を塞いでも、現実はいつも私の隣で横たわる。時に、呆然と立ち尽くす私を見上げながら、そいつは私を嘲笑う。おいおい、いつまで期待してるつもりだい?

 

何かを失う、ということは、何かを失った経験を得る、ということと同義だ。けれど、喪失という名の拾得物が、私を本当に強くしてくれたのか、私にはわからない。私が深く沈んでいた時間というのは、その時にたまたまそういう時期に相当していただけで、経験がそうさせたものではないのかもしれない。また、傷ついた経験は、勝手に私が傷ついた、と痛がっていただけの話で、傷つけた相手や出来事は傷つけたつもりなんて無いのだろう。私が痛い、痛いと泣き叫んでいたその時間は、ただのロスだったのだろうか。だとしたら、とても空しいことだ。何のために私はその相手と出会ったのだろう。信じたのだろう。信じさせたのだろう。

 

 


ひとを信じる、って、何なんだろう。
他ならぬ自分自身のことを信頼せず、ひとを信じるなんてことが出来るのだろうか。そこに何らかの破綻や予期しない終結があったとき、それは超特急で崖の下か、或いは宇宙空間に投げ込まれるようなものだ。

 

 

 

じゃあ、自分を信頼するにはどうしたら良いか。

それは、小さな成功体験を積み重ねることだろう。継続することだろう。自分が立てた目標や計画を遂行できた時に、身体中に広がるあの感覚。そう、幼い頃に、補助輪をなくして自転車に乗ることができたあの瞬間の感覚。あれを重ねると、自分のことを信頼することができる。何か新しいことに挑戦して、仮にまた失敗をしても、とりあえずこの地点より下に行くことはない。だから大丈夫、安心して前へ進むことができる。そんなクッションの役割を果たしてくれる。

その感覚の経験がまだ浅い人間に、根拠なんてなくて良いからやってみろ!とりあえず走れ!挑戦だ!チャレンジだ!なんて熱血論を謳いあげても、何の意味もない。また、挑戦せずにその地点に安住するなんて怠慢だ、努力不足だ、などと叱り飛ばすことは、まったく的を射たない。今いる居場所や帰る場所がままならない人間にそれを要求することは、発展途上国や紛争国にいる、お腹を空かせた子供たちに哲学や思想を理解させるようなものだ。彼らに「汝の敵を愛せよ」と言ったところで、明日のご飯が出てくるわけでも命が保証されるわけでもない。

 


小さな成功体験、とは。
今日は昨日できなかった洗濯を回せた、とか、土曜なのに学校行事に参加できた、とか、バイトで嫌味言われても我慢できた、とか。
実は11時頃まで布団のなかでボヤボヤしていた、とか、筆記試験が近いのに勉強してない、とか、最近自炊してない、とか、そういうことはとりあえず置いておく。ほんとは置いといちゃまずいのかもわからないけど、でも、それでも置いておく。

どんな1日だったか、なんて、客観的に考えれば事実は全部同じだ。でも、捉えかたやフォーカスを当てる出来事を変えるだけで、随分と次の日の気持ちは変わってくる。

そして、次の日にアンラッキーな気持ちを持ち越さないためには、できるだけできることをその日のうちにしておく。机の上を片付ける、お皿を洗う、カバンの中を整理する、着替えを準備する、シャワーを浴びる、炊飯器のタイマーをセットする。

うまくいかないときは、自分にしか通用しないようなおまじないやライフハックを見つける重要な時間だ。私は、沈んでいるときのために、洗濯した後のハンカチを溜めている。沈んだ時にそのハンカチにアイロンを掛けていると、不思議と元気になるのだ。よし、じゃあブラウスも掛けてみよう。よし、とりあえずここを片付けよう。よし、皿を洗おう。よし、シャワーを浴びよう。よし、ペンを持とう。よし、課題をやろう。よし、今日は寝て明日は少し早く学校行って勉強しよう!

そんな良循環を生み出すキッカケになってくれる。しかもハンカチにきちんとアイロンかかってると、なんかデキるひとっぽい。笑

おまじないというか、私は香りを嗅ぐことが大好きだ。必ずバイトに入る前は、お店に売っている香水のテスターを嗅いでからにする。通帳残高が目標の金額を達したら、私はその香水を買うと決めている。
そしてバイトが終わったら、ちょっと高かったけど奮発して購入したハンドクリームを塗る。このハンドクリームが全部無くなるまではとりあえず続けるんだ、と目標を立てている。私は私をそうやって催眠術のようにして操る。私の場合、それが一番有効なのが香りなのだ。

 


私の今の状況は、落ち込み続けようと思えばどこまででも落ち込める。超がつくほどしんどい。一応進んでいるけど、内定までの道のりはまだまだ遠い。予習も課題も多い。やりたい勉強、研究に集中できない。とにもかくにも稼がなきゃならない。そんな矢先に、警察にお世話になるようなことにも巻き込まれた。まったく、ずいぶんな一週間だった。

毎晩物や人に八つ当たりした罪悪感で眠れなかったり、インスタント食品に頼ることで吹き出物だらけになったりしたけど、それでも私は落ち込み続けるわけにはいかない。ここで何もかもをほっぽりだすわけにはいかない。少しでも、少しでも、ハッピーなことを考えたり、ハッピーになれるような行動をして、一過性なものだとしてもハッピーになるしかない。まだまだひとのことを信じられるようになるまで時間はかかりそうだけど、それでも自分を信頼するための、愛してあげるための努力、トレーニングを怠らない。アパートの部屋では死んだような顔していても、せめて外の空気を吸っているときは、必要最低限のノルマをこなす。そんな自分を褒めてあげよう。毎日とりあえず外の空気を吸っているだけでも、私にとっては十分過ぎるほどの進歩なのだから。