他者の奥に隠れた自己批判。

 

こんばんは。
木曜日ですね、木曜日。Thursday。ふふ、曜日感覚がある自分カッコいい←


まあ実を言いますと、ブログを書くんならその隣にある文献を読んだりWordやらパワポやら開いたりTOEICのお勉強したりバイトの仕事内容覚えたりしなきゃならないような気がするんですけどね。まあ木曜日だから許しましょう(ん?)

 


最近のわたしは、一日中予定が入らない日だったり、友達とショッピングや主要駅に行ったりする時間だったりっていうものが無くなっているんですね。まあ後者はもともとだったりするんじゃないかっていう憶測は憶測のまま蓋をしておきましょう。開けたらけむりもくもくおばあさん👵🏼になっちゃうからね、うん。
つまり、週7ペースで毎日なにかしらエイヤホイサと🏃🏻🏃🏻🏃🏻社会のなかで生きているのです。単に大学とアパートとバイト先を往復しているだけじゃないかっていう憶測は……(以下略)

もしかしたらまあそれって現代人ならトーゼンのことで、月から金まで自分の社会的身分や地位のある場で活動して、土日は家族サービスだったりボランティアだったりサークルだったり平日に出来ない運動を展開しているひとが大半なのかもしれません。でも、わたしにとってこれってかなりの前進だったりするんです。今まで洞窟で壁画を描くことしかできなかった原始人が、突如モネやピカソのもとで修業を積んでいるようなものです。ちなみにわたしはダリが好きです🕶🕶


ここで私の毎日をちょっとお話すると、月曜火曜金曜と朝から夜まで学校で引き籠り。水曜土曜日曜とバイトで東奔西走右往左往。木曜は社会学の講義と病院に行くって感じです。

つい数ヶ月前まで社会的👨‍👩‍👧にも精神的❤️にも物理的📮にも、ほとんど他者と関わることがなかった私が、このようにtrainingした上でeducationとemploymentを手に入れてしまった。
しかも、意外となんとなく楽しくやれている(辛いことや大変なことがあるからこそ)。
しかも、日に日に学問の魅力に取り憑かれ?、勉強する姿勢や貪欲さがパワーアップ。ぐんぐん成長。カルシウム大切。みんな牛乳🍼🍼🍼飲もうね。
忙しいし疲れるし眠いし頭痛いんですけど、こうやって毎日を充実させています。

それだけど、
じつは周りを見渡すと、そんなでもないひとって、やっぱいるんですよね。
講義中にSUMAHOやMASUKARAとおともだちごっこしているひととか、ほとんど勉強していないくせに「私だめだあバカだあ」って落ち込んでいるひととか、ひたすらなんの進歩も生産性も無い愚痴をこぼし続けるひととか。

この前、
憧れかつ大切な友達である人から、「自罰的だしストイックだね」って言われたんですけど、その矛先が最近は他者に対しても向けてしまうようになっているんです。
ストイックかどうかは自分では全然わからないですけど、自虐することで自分を保とうとしたり、自分を罰したり罪意識を過度に持つことで他人からの圧力やしがらみを避けようとしてきたことは、大いに認めます。今まではとにかく自分だけにその武器🔨⚒🛠⛏🗡⚔🔪を使って自爆テロを犯し、味方であった人たちにも被害をくらませたりしていました。

その武器を他者に向けはじめたわたしは、
心の中でその他者と過去の自分を同一視させ、今の自分よりも下位な存在であると見なしているように思われます。恐ろしいですね。最低ですね。


大学生なら勉強を頑張るのが当然の義務であると思うし、
そこまで勉強を頑張ってないくせに留学だ編入だと騒いでいるのは「馬鹿」と思うし、
留学資金どころか秋学期の学費のために稼いでいる自分より、
処方されたくすり飲みながら一人暮らしをしている自分より、
なにも苦労も苦難も経験なしに留学資金を親から得られるひとを下に見ている。


うまく表現できないのですが
オトナからしたら、もしかしたらわたしの方が称賛に値するし正論だと頷いてくれるかもしれないけれど、
明らかに、過去のわたしはなんの生産性も合理的な思考も持たないくずだったのです。その頃の自分を、他者を媒介させて馬鹿にしているのです。他者は他者の人生があって、わたしにはなんの関係も持たないにも関わらず、土足で他者のエリアに踏み込んでいるのです。他者と今の自分という明快な区別に、独断的な価値を付加させているのです。今のわたしは1930年代前半あたりのちょっと調子に乗り始めたヒトラーを彷彿させます。1933年、全権委任法成立。受験生覚えてね。


過去の自分が残していった泥にまみれた足跡を
完全に拭き取るまで、まだまだ時間はかかりそうです。
本当の意味で、自分を見つめるストイックな人間に、ワタシハナリタイ。